• Windows 8.1 スタート画面をパスしてデスクトップを表示する設定 スタートボタンの機能も紹介

    タスクバーとナビゲーションのプロパティー

    タスクバーとナビゲーションのプロパティー
    せっかくWindows 8.1にしましたので、新たに用意された「スタート画面」の設定をしておきます。

    Windows 8で登場した「スタート画面」ですが、私にはどうにも使いにくいものでした。

    Windows 8.1では、だいぶ改良されているようですが、まだ様子見したいところ。

    Windows 8では、フリーソフトを使って、起動時にデスクトップを表示していましたが、今回は、デフォルトの機能で設定できるようになりました。

     

    タスクバー

    タスクバーを右クリックします。プロパティーをクリックします。

     

    タスクバーとナビゲーションのプロパティー

    「タスクバーとナビゲーションのプロパティー」ウィンドウが開きます。

    「ナビゲーション」タブの「スタート画面」の項目の中にある、

    「サインイン時または画面上のすべてのアプリを終了したときに、スタート画面ではなくデスクトップに移動する」

    にチェックを入れます。

    スタート画面を止めると言っておいて何ですが、その下の、

    「スタート画面にデスクトップの背景を表示する」

    というのは面白そうですね。

    一度、サインアウトして、もう一度ログインしてみると、

     

    デスクトップ画面

    見事にデスクトップが表示されました。

    ちなみに、「サインアウト」「シャットダウン」「再起動」といった操作は、新たなスタートボタンから操作できるようになりました。

     

    Windows 8.1 スタートボタン

    スタートボタンを「右クリック」するとメニューが表示されます。

    「ファイル名を指定して実行」などは、Windows 7まで、設定を変えないと出てこなかった気がしますが、また復活していますね。

    コントロールパネルにアクセスできるのも便利です。

    多くのメニューが出てきますので確認してみましょう。

     

    [zenback]

    このエントリーをはてなブックマークに追加