ナレ・ブロ

新しいこと、新しいモノ、新しいサービスを見てみよう

スポンサー広告

クロネコメンバー割1

ヤマト運輸の宅急便割引きサービス 独自電子マネーのクロネコメンバー割

クロネコヤマトのヤマト運輸が独自電子マネーのサービスを開始しました。

新サービス名は「クロネコメンバー割」。プリペイド型の独自電子マネーサービスです。

電子マネーサービスが「クロネコメンバー割」ってちょっとピンときませんね。

ニュースリリースによると、遠方の家族に荷物を送る人、ゴルフ宅急便を使う人、オークションなどで商品を発送する人など、頻繁に宅急便を使う利用者から、

「もっとリーズナブルに簡単に送りたい」という要望を受けて、開始されたそう。

ヤマト運輸の会員制サービス「クロネコメンバーズ」の会員を対象に、宅急便運賃を一律10%~15%から割引きます、というサービスです。

クロネコメンバー割2

利用するには、あらかじめ「クロネコメンバーズ」への登録が必要です。

登録は、入会費・年会費・利用料無料ですので心配いりません。

さらに、会員カードである「クロネコメンバーズ電子マネーカード」に、今回採用された「クロネコメンバー割」という電子マネーをチャージします。

このチャージ金額により、5,000円以上のチャージで10%OFF、50,000円以上チャージすると「クロネコメンバー割BIG」という名称に変わり、15%OFFとなります。

各営業所で「クロネコメンバーズ割をチャージをしてください」と依頼するか、ヤマト運輸セールスドライバーに依頼するとチャージできます。

私もさっそく利用したいと思い、クロネコメンバー割が使えるカードの請求はどこからできるのだろう?

以前、nanaco、楽天Edy、WAONが搭載されたときにも再発行したので、またか、ちょっとめんどうだな、などと思いながら情報を探しました。

ところが、ホームページを見てみると、クロネコメンバーズ電子マネーカードを持っている既存の会員は、カードをそのまま使えるそうです。

ご存知無い方のために書いておくと、クロネコメンバーズ電子マネーカードは、既存の電子マネーサービスが利用できるようになっています。

カードの発行の際に、nanaco、楽天Edy、WAONなど、3つのうち1つの電子マネーサービスを選ぶことがてきるのです。

ですから、今回のクロネコメンバー割をチャージするということは、1枚で2種類の電子マネーが使えるということになるんですね。

nanacoカードでQuickPayが利用できるようになっていますが、それ以外では2種類というのはあまり記憶にありませんね。

電子マネーの搭載されていないメンバーズカードしか手元に無い方は、申し込みが必要です。

50,000円以上チャージできる、クロネコメンバー割BIGの利用には専用カードが必要になり、電話で申し込みを受け付けています。

クロネコメンバー割3

私も、わりと頻繁に利用するのですが、利用回数が多いのだから少し優遇してもらえないものかな、とずっと思っていました。

回数券を利用すると、少し値引きになるので検討していましたが、クロネコメンバー割ができて大歓迎です。

ただ、はこBOON、ゆうパックなど競合サービスとの価格差は少ないですし、対抗してくる可能性もあります。

消費者としては安くなるのは大歓迎。さっそく荷物を出しに行きます。

スポンサー広告