• 独自の電子マネー発行 「uniko(ユニコ)カード」 ユニーグループ アピタ・ピアゴ・ユーホーム

    uniko(ユニコ)カード イメージ

    今年年初に、「今秋、ユニーグループが独自電子マネーを導入する」というニュースが報じられました。

    利用者には、関心のあるニュースだけに注目を集めたようです。

    そして先日、満を持してサービスの概要が発表になりました。

    注目の、電子マネーの名称は「uniko(ユニコ)カード」。

    名前の由来はというと・・・

    ”あなたの「ユー」、ユニーグループの「ユニー」そしてお客さまの笑顔の「ニコッ!」をプラスしました。

    ユニーグループでお買物いただいたお客さまが満足して、笑顔になっていただける電子マネー「uniko(ユニコ)カード」です。”

    ということ。ちょっと後付けっぽい感じもしますが、アルファベットの表記はいい感じです。

    また、カードのデザインも好感を持てます。キリンや、イヌ、タヌキ、おかしなゆるキャラなど採用しなくて良かったと思います?!

    気になる発行開始は、11月21日(木)です。発行当日から利用できます。

    レジやサービスカウンターで申し込むことができ、発行手数料は100円。

    チャージは専用のチャージ機か、レジで行うことができます。

    1回のチャージ額は、

    1,000円、2,000円、3,000円、5,000円、10,000円、20,000円から選べます。

    1枚のカードの、チャージ限度額は最大で50,000円まで。

    チャージ機でのチャージは現金のみで、クレジットカード等でのチャージはできません。

    また、200円の利用で1ポイントのユニコポイントが付与され、500ポイントたまると自動で500円分の電子マネーに交換されます。

    残高の確認は、チャージ機でできるとありますが、レシート等にも印刷されるのでしょう。

    ユニーのクレジットカード利用者が利用できる割引サービスの、一部の特典も受けられるそうですから、使わない手はありません。
    (5%OFF感謝デーや特別感謝デーの割引、ボーナスポイント・2倍デーの特典)

    サービス開始当初は、アピタ・ピアゴ・ユーホームの直営売場のみ利用可能ですが、2014年秋には全国のサークルK・サンクスでも使えるようになるそうです。

    ちょっと残念なのは、カードの仕様が「磁気型電子マネー」となっていること。

    先行している流通系の電子マネーはFelicaの規格を採用してICを装着していることもあって、様々なサービスを展開しています。

    一方、「uniko(ユニコ)カード」は、クレジットカードの様にカードリーダーで読み取る磁気型ですから、ユニーグループ店舗外での利用は期待できないようです。

    他の電子マネーを大いに刺激して、勢力図を書き換えるような新たなサービスを期待していたのですが、こぢんまりとまとまっている感じですね。

    磁気型が良くないわけではありません。

    「電子マネーおよびポイントはサーバーで管理します。」とありますから、カードに電子マネーの情報は無いようです。セキュリティーもしっかりしています。

    さあ、早く手に入れたいなあ。年末に向けて楽しみなイベントが加わりましたよーー

     

    ユニコカード ホームページ(10月11日現在オープンしていません)
    http://www.ucscard.co.jp/uniko/

    ニュースリリース
    ユニーグループ電子マネー「uniko(ユニコ)カード」誕生!
    http://www.ucscard.co.jp/company/com/news/pdf/NewsRelease131008.pdf

    ユニー 今秋にも電子マネーに参入 サークルK サンクス ピアゴ アピタなどで 独自電子マネーが利用可能に
    http://greenhand.seesaa.net/article/312481719.html

     

    [zenback]

    このエントリーをはてなブックマークに追加