ナレ・ブロ

新しいこと、新しいモノ、新しいサービスを見てみよう

スポンサー広告

PRIMUS FEMTO STOVE P-115 格納状態です

PRIMUS FEMTO STOVE P-115 カートリッジガスこんろ 小さくて驚き

PRIMUS FEMTO(フェムト)STOVE P-115を買いました。カートリッジガスこんろとしては小さくて驚きです。

一昨年の夏、キャンプに行こうと思い立った際のこと。ガスカートリッジを買いに行ったのですが、最寄りの店にはPRIMUSのカートリッジしかありませんでした。

EPIのストーブを持っていたので、PRIMUSのガスカートリッジを使うのはどうかと思いつつ、止むを得ず買い求めました。

結局はストーブの調子が悪かったのでキャンプに持って行くのはやめて、メンテナンスに出しました。その際の記事がこちら。

EPIgas(イーピーアイガス)キャンプ用ストーブとランタンを25年ぶりにオーバーホールに出してみた

PRIMUSのカートリッジが余ったままだったので、他のメーカーの器具を使うのは危険、、を都合のいい理由として、PRIMUSのストーブを買うことにしました。

EPIのストーブはがっちりしていて安定感はいいのですが、キャンプはともかくトレッキングや登山の際には、ちょっと大きすぎます。

選んだのが、PRIMUS フェムトストーブ P-115です。軽量、小型の理想的な製品です。店頭で見つけて購入しました。

パッケージを見てみる

1.パッケージ正面です。重さは57gと軽量です。

PRIMUS FEMTO STOVE P-115 バッケージ正面です

2. パッケージ裏面です。何か貼ってあったのか、やぶれてました。

PRIMUS FEMTO STOVE P-115 バッケージ裏面です

3. パッケージ側面です。「同一メーカーのものを使用してください。」とあります。

PRIMUS FEMTO STOVE P-115 バッケージ側面です

4. パッケージの上面です。FEMTO(フェムト)は10のマイナス15乗を表す単語のようですが、商品名の意味するところは分かりません。

PRIMUS FEMTO STOVE P-115 バッケージ上面です

5. 反対側の側面です。標準のカートリッジで燃焼時間は80分。

PRIMUS FEMTO STOVE P-115 バッケージ反対側面です

6.本体、取扱説明書とナイロン製のスタッフバッグが付属しています。

PRIMUS FEMTO STOVE P-115 取扱説明書、本体、ケースです

設置方法

1.本体とガスカートリッジ。この大きさなら気軽に持ち出せます。

PRIMUS FEMTO STOVE P-115 ガスカートリッジと格納した本体です

2. 本体をガスカートリッジにねじ込みます。ゴトクは折りたたまれた状態です。

PRIMUS FEMTO STOVE P-115 格納状態です

3. ゴトクを開きます。直径が80mm。この状態でも使用できます。一人用のヤカン、ナベなら十分です。

PRIMUS FEMTO STOVE P-115 設置途中です

4. さらにゴトクを広げます。直径が120mmになり、より大きなサイズに対応します。簡単な調理にも使えます。

PRIMUS FEMTO STOVE P-115 設置完了です

実際に使ってみると、小型の本体の割に火力は予想以上です。EPIのストーブと比べても、お湯の沸くまでの時間や、調理の火力も即色なし。

ちょっとザックに入れておいて気軽にお茶でも、くらいのつもりでしたが、それだけではもったいない性能です。

この秋冬もたっぷり活躍してもらいたいと思います。

スポンサー広告