ナレ・ブロ

新しいこと、新しいモノ、新しいサービスを見てみよう

スポンサー広告

シエラデザインズ「マウンテンパーカー」とミニ・シエラカップです

ミニ・シエラカップをゲット BE-PAL 2018年9月号 シエラデザインズ「マウンテンパーカー」50周年記念 特別付録

ミニ・シエラカップをゲットしました。BE-PAL 2018年9月号 シエラデザインズ「マウンテンパーカー」50周年記念 特別付録です。

BE-PALとシエラデザインズ マウンテンパーカー

アウトドア雑誌のBE-PAL、創刊号からお付き合いしている大好きな雑誌です。毎回購入するわけではありませんが、書店で見かけるたびに表紙をチェックしたり、時には手にとってパラパラとめくってみたりしています。

今回はマグカップに惹かれてということでもないのですが、山行きの際の装備の軽量化を取り上げた「ウルトラライトな山登り入門」というメインタイトルに興味があり書店で購入しました。

BE-PAL2018年9月号とミニ・シエラカップです

買ってから気づきましたが、私の人生にはとても関係の深いアニバーサリーでした。紹介記事によると、「1965年に創設されたシエラデザインズ。その不朽の名品であるマウンテンパーカーの誕生50周年を記念した、ビーパルオリジナルの・・・」とあります。

BE-PAL2018年9月号のミニ・シエラカップ紹介記事です

何を隠そう、私もシエラデザインズ マウンテンパーカーのユーザー。かれこれ25年くらいになるでしょうか。袖がほつれて修理に出したこともある愛用のパーカーです。

シエラデザインズ「マウンテンパーカー」とミニ・シエラカップです

マウンテンパーカーにはシエラデザインズのロゴと、おなじみの60/40のネーム。SINCE1968とありますから、ほぼ私と同じ年齢ということになります。

そんなつながりに気づき、これは記事にしておかねばと急遽ブログに書くことにしました。さっそくミニ・シエラカップを見てみましょう。

ミニ・シエラカップを開封

1. ミニ・シエラカップのパッケージです。

「アウトドアの歴史を塗り変えた伝説の「マンパ」とコラボのコレクターズアイテム!直火で調理可能。コップに、皿に、計量カップに、キャンプで大活躍する本格派。

BE-PAL2018年9月号のミニ・シエラカップ外箱正面です

2. ミニ・シエラカップのパッケージ裏面です。ご使用上の注意が21項目にわたって書かれています。

BE-PAL2018年9月号のミニ・シエラカップ外箱裏面です

3. ミニ・シエラカップを上から見てみます。SIERRA DESIGNSのロゴと「Mountain Parka 50Year Anniversary」の文字が入っています。

BE-PAL2018年9月号のミニ・シエラカップ上からです

4. ミニ・シエラカップを横から見てみます。50、100の目盛りが入っています。

BE-PAL2018年9月号のミニ・シエラカップ横からです

5. SIERRA CLUBのシエラカップが手元にあったのでミニ・シエラカップと並べてみます。内径は11.5cmと9.5cm、高さは4.5cmと3cm、一回り小さくなっています。

SIERRA CLUB シエラカップとミニ・シエラカップです

6. SIERRA CLUBのシエラカップとミニ・シエラカップを横から見てみます。高さの違いは分かりづらいですね。

SIERRA CLUB シエラカップとミニ・シエラカップ横からです

今年はこれからキャンプに行く予定があります。もちろんこのミニ・シエラカップも連れて行きましょう。ちょっとしたアイテムですが、キャンプを盛り上げてくれそうです。

スポンサー広告