ナレ・ブロ

新しいこと、新しいモノ、新しいサービスを見てみよう

スポンサー広告

macOS High Sierraにアップグレードです

macOS High Sierra クリーンインストールでアップグレード 起動可能なインストーラの作成

macOS High Sierraにアップグレードします。クリーンインストールを希望です。念のために起動ディスクも兼ねたインストールメディアを作成します。

リリースから20日ほど経ちますが、とくに大きな問題も聞こえてこないのでいよいよインストールをしたいと思います。

現在、Mac mini(Late 2014)でmacOS Sierra 10.12.6を利用中です。アップグレードは、macOS復元からも可能なようですが、万が一のこともあるので、起動可能なインストールディスクを作成しておきます。

クリーンインストールには、ディスクの初期化が必要ですが、macOS復元の途中で消去できます。OS Xのころから何度もアップグレードをしていますが、アップグレードの度に進化するので手順が頭に入りません、、

ブータブルなメディア作成には、USBメモリー、外部ディスクなどが利用できますが、今回はUSBメモリーを使用します。容量は最低12GB必要ということなので、16GBのUSBメモリーを買ってきました。

では、さっそく始めましょう。
 

macOS High Sierraインストーラ ダウンロード

1. App storeでmacOS High Sierraをダウンロードします。

macOS High Sierraインストーラ ダウンロードです

2. ダウンロードが完了すると「macOS High Sierraインストール」が起動します。

macOS High Sierraインストーラ インストールです

3. メニューから「macOS High Sierraインストールを終了」を選び終了します。

macOS High Sierraインストーラ 終了です
 

インストールメディアの作成

1. USBメモリーを挿入します。最低でも12GBの空き容量が必要です。

2. デスクトップにマウントされアイコンが表示されます。

3. 「情報を見る」から情報を表示します。

macOS High Sierraインストーラ USBのマウントです

3. 「名前と拡張子」を「MyVolume」に変更します。

macOS High Sierraインストーラ USBです
 

ターミナルの操作

1. Launchpadを起動して、その他の中から「ターミナル」を起動します。

macOS High Sierraインストール ターミナルの起動です

2. ターミナルが起動します。

macOS High Sierraインストール ターミナルです

3. 以下のコマンドを貼り付けます。

sudo /Applications/Install\ macOS\ High\ Sierra.app/Contents/Resources/createinstallmedia –volume /Volumes/MyVolume

4. 「enter」キーを押すと、パスワードの入力を求められます。Macのアカウントのパスワードを入力します。(Apple IDではありません。)

macOS High Sierraインストール ターミナル パスワード入力です

5. USBメモリーを初期化してよいかの確認です。「Y」キーを入力し、「enter」キーを押します。

macOS High Sierraインストール ターミナル Y入力です

6. USBが初期化され、コピーを開始します。

macOS High Sierraインストール ターミナル メディア作成中です

6. 20分ほどでコピーが完了しました。

macOS High Sierraインストール ターミナル メディア完了です

8. ブータブルなインストールメディアが完成しました。

macOS High Sierraインストール メディア完成です

9. 「exit」と入力して、ターミナルを終了します。

これでアップグレードの準備は完了です。必要なバックアップを取ってインストールをしたいと思います。

スポンサー広告