ANAマイレージクラブ Financial Pass Visaデビットカード 審査アリの不思議

デビットカード

ANAマイレージクラブの新しいカードが登場しました。

「ANAマイレージクラブ Financial Pass Visaデビットカード」という舌をかみそうな長い名前です。

ANAとスルガ銀行がコラボしたカードで、スルガ銀行がカードを発行します。

スルガ銀行にはANA支店があり、銀行口座のキャッシュカードとしても利用します。

さらに、VISAデビットの機能が加わっていますので、とてもユニークカードです。

スルガ銀行ANA支店

おさらいすると、

・ANAマイレージクラブのカード

・スルガ銀行ANA支店のキャッシュカード

・VISAデビットカード

3つの機能が一枚になったカードです。

ところが、もう一つかくされた機能が含まれています。

それがカードローンの機能。

スルガ銀行には、口座にセットできるスマートバンクというサービスがあります。

口座引落などで残高が足りない場合に、自動でカードローンから不足分を貸し出してくれます。

「ANAマイレージクラブ Financial Pass Visaデビットカード」の申込みには、スマートバンクのサービスへの申込みもセットされています。

当然、カードローン契約の与信のため信用情報の調査が必要になり、デビットカードなのに審査があるという不思議なことが起きてきます。

クレジットカードを使いすぎるのが心配という事情で、デビットカードを選ぶ人が増えていると聞きますが、ローンがセットされては意味がありませんよね。

これは、イオンカードが昨年から発行している「イオンデビットカード」も同様ですね。

デビットカードは審査なし、本人確認なしで誰でも持てるという概念が、通用しなくなってきました。

せっかく日本でもデビットカードが普及してきたところでしたが、芽を摘むようで残念です。

銀行にしてみれば、カードローンの手数料が魅力ということになるのでしょうか。

調べてみると、「スルガ・キャピタル株式会社」という関連会社が、スマートバンクサービスの保証をしています。

スルガ・キャピタル株式会社は、以下の個人信用情報機関を利用して与信をするようです。

・全国銀行個人信用情報センター(KSC)
・株式会社シー・アイ・シー(CIC)
・株式会社日本信用情報機構(JICC)

与信に全く問題が無い人は心配ないですが、クレジットカードを作れないからという需要に応えられる商品ではないようです。

では、審査に通らない場合はどうなるのでしょう。

ホームページには、こう書かれています。

次のいずれかに当てはまる方には『Financial Passカード』(Visaデビット機能なし)が発行されます。

15歳未満の方
中学生の方
当社の総合的判断により発行できない方

つまり、ANAマイレージカードと、銀行キャッシュカードの機能のみのカードが提供されるようです。

ちょっと斜に構えた記事になりましたが、個人的には気になるカード。
デザインが洗練されてキレイなので、ぜひ1枚持ちたいカードです。

2017年2月20日更新
この記事を書いてから1年、急きゅ思い立って「ANAマイレージクラブ Financial Pass Visaデビットカード」を申し込みました。

ANAマイレージクラブ Financial Pass Visaデビットカード 申込み方法を紹介

スルガ銀行ANA支店

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

ランキング

  1. 1

    EPIgas(イーピーアイガス)キャンプ用ストーブとランタンを25年ぶりにオーバーホールに出してみた

  2. 2

    Brooks Brothers アドバンテージチノ CLARK Fit ストレッチ感が気持ちいい

  3. 3

    Shell EasyPay(シェル イージーペイ)を作ってきました!

  4. 4

    chromecast(クロームキャスト) セットアップ(スマホ編) 接続できない、パスワードが分からない、設定できないも、すべて解決!

  5. 5

    はじめに Windows セットアップを実行

  6. 6

    Brooks Brothers Card 5%のポイントがけっこう貯まる パール加工の券面もキレイ

  7. 7

    Nikon Micro-Nikkor 55mm f/2.8 マクロレンズで被写体に寄ってみよう

  8. 8

    「wena wrist pro」と「wena wrist active」の違い 選び方のポイントはGPSや心拍センサーだけでなく重さも防水性能も

  9. 9

    2017年 e内容証明(電子内容証明サービス)大幅リニューアル後に使ってみた

  10. 10

    Esso(エッソ)、Mobil(モービル)、ゼネラルがENEOS(エネオス)に統一、EasyPayの一人勝ち?Speedpassの行方は

TOP