ナレ・ブロ

新しいこと、新しいモノ、新しいサービスを見てみよう

スポンサー広告

おサイフPontaイメージ4

ローソンから「おさいふPonta」登場 JCBのプリペイドカードが合体

ローソンからJCBのプリペイドカード機能が付いた「おさいふPonta(ポンタ)」が登場しました。

いよいよローソン独自の電子マネーか?!と期待しましたが、実際はちょっと違うようです。

冒頭にも書いたとおり、Ponta(ポンタ)カードと、JCBのプリペイドカードが合わさったもの。

これまでのPontカードと同様に、買い物の金額によってポイントをためることができます。

  • ローソンでの買い物 100円で1P
  • JCB加盟店での買い物 500円で1P
  • Ponta提携社 提携ごと決まったポイント

JCBのプリペイドカードの機能も追加されましたので、ローソンの店頭でキャッシュレスで買い物ができます。

基本的な機能は、JCBのプリペイドカードであるJCBプレモカードと同様です。JCBの加盟店でプリペイドカードとして利用できます。

チャージ方法は次の2つの方法から選択できます。

  • ローソンの店頭でのチャージ。現金のみの取り扱い。
  • 専用WEBでのチャージ。クレジットカードのみの取り扱い。

チャージは1回に3万円、1ヶ月に10万円が上限です。

これまで、クレジットカード機能の付いたPontaはありましたが、コンビニでクレジットカードを使うのは、、と思っていた方にはハードルが下がりますね。

プリペイドカードですから、審査も本人確認もありません。

クレジットカード機能のないPontaカードを使っていた方も便利になります。

現金で支払う手間から解放されるのはもちろんですが、これまでローソンで電子マネーを使っていた人は複数のカードを出す手間がなくなります。

私もそうでしたが、Pontaカードを出しつつ、suicaだったり、Edyだったりもう1枚カードを出したりで不便でしたからね。

そもそもPontaカードって何のメリットがあるのだろうか?と思うこともしばしばありました。

けっこうPontaのポイントがたまってるんだけど、という方も心配ありません。今使っているPontaカードのポイントを、おさいふPontaに移行することもできます。

専用WEBサイトか、Pontaデスクに連絡すればOKです。

セブン-イレブンはnanaco、ファミリーマートはTポイント、サークルKサンクスはRポイントに続いて、ローソンではおさいふPontaとハッキリしました。

スマホで使えるアプリなども出てくることを期待しましょう。

11月3日から、ローソンの店頭で無料で発行されるようです。

祝日の休みなので、朝からもらいに行こうと思います。

スポンサー広告