WebMoneyプリペイドカードが登場 ICチップが載ってセキュリティー強化

プリペイドカード

WebMoneyプリペイドカードが登場、 ICチップが載ってセキュリティーも強化されます。

2019年3月14日、これまでの「WebMoney Card」に変わって、WebMoneyプリペイドカードが発行されます。

大きな違いは、ICチップが搭載される点です。国際セキュリティー基準に準拠した「EMV」仕様のICチップです。

「不正利用やカード偽造がされにくくなり安心してご利用いただけます。」とのことです。

ICチップが載ることで券面の見た目も変わりますね。

今まで「WebMoney Card」と文字が入っていたところに、WebMoneyプリペイドカードの文字が2段で入ります。

手元にある「WebMoney Card」と比べると、背景の「WM」の文字が若干明るい色に見えます。

さらに、発行時期にもよりますが、マスターカードのロゴも変わっていますので、券面も一新と言っていいのではないでしょうか。

WebMoney CardからWebMoneyプリペイドカードへ イメージ

利用可能なのは、WebMoney加盟店とMasterCard加盟店です。

年会費、発行手数利用は無料。だれでも申し込みができます。(未成年は親権者の同意が必要です)

カードの受け取り時に本人確認が必要です。

すでに「WebMoney Card」を持っている人は、切り替えができるのでしょうか。

サイトのFAQによると、

切り替えをご希望のお客様は、2019年3月14日以降に公式アプリ「WebMoneyカードケース」より再発行を実施ください。

とのことです。

現在の「WebMoney Card」は有効期限まで使用できるそうです。

チャージ手段も豊富ですから、手軽に使えるプリペイドカードとして「WebMoneyプリペイドカードはお勧めです。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

ランキング

  1. 1

    Edgeの隠しゲーム サーフィンゲームがスキーゲームに Microsoft Edge 期間限定

  2. 2

    JCBデビットカード 発行は与信の審査より厳しいですよ 千葉銀行、大垣共立銀行、北洋銀行、楽天銀行が発行

  3. 3

    Windows 11 使ってみて「思ってたんと違う!」ところ

  4. 4

    Logicool M570 BluetoothとUSB3.0の2.4 GHz干渉問題が勃発です

  5. 5

    はじめに Windows セットアップを実行

  6. 6

    Speedpass +(スピードパスプラス)は生き残り、EneKey(エネキー)の登場はいつ

  7. 7

    chromecast(クロームキャスト) セットアップ(スマホ編) 接続できない、パスワードが分からない、設定できないも、すべて解決!

  8. 8

    G’zOne TYPE-XXが届きました 開梱します

  9. 9

    Windows 11 コマンド プロンプトはどこへ?

  10. 10

    Windows 11 あの人は今? メモ帳、電卓、 ペイント

TOP