bitFlyer VISAプリペイドカード bitcoinをチャージしてVISA加盟店で使える

プリペイドカード

bitFlyer VISAプリペイドカードが登場。bitcoinを円建てでチャージして全国のVISA加盟店で使えます。

bitFlyerのサイトを見て、最初は「ん??」と思いました。「ビットコインを円建てでチャージ」という意味がよく分かりません。

さらに「VISA加盟店で使える」とありますが、「bitcoinで支払い可能なVISA加盟店??」と悩みました。

結局、平たく言うと「ビットコインをbitFlyerプリペイドカードにチャージすると、全国のVISA加盟店で普通のクレジットカードと同様に日本円で決済できる。」ということです。

なんだ、ただ単にとても便利なことではないですか。

普通は、bitcoinを銀行口座に出金して、さらにプリペイドカードに入金するところです。それが、直接チャージできるので手間がありません。

銀行系のデビットカードであっても、クレジットカードであっても、銀行に入金しなければ使えませんから同様の手間がかかります。

私も最近ビットコインをよく使っているので感じますが、こっちに出金して、あっちに入金して、とやっていると手数料がかかったりしますし、時間ももったいない。何より面倒です。

そこで、bitFlyer VISAプリペイドカードですよ。

bitFlyer VISA プリペイドカードの特徴です

bitcoinをチャージするには、「バンドルアプリ」を使います。このアプリは「バンドルカード」というプリペイドカードですでに利用されているアプリです。

バンドルカードは株式会社カンムが運営しているサービスで、チャージして使いますので、コンビニ、クレジットカード、銀行、ドコモケータイ支払いと並んで、先行してビットコインによるチャージが採用されていました。

この仕組みに乗っかったのが、bitFlyerのプリペイドカードです。

入手方法は何と「抽選で1,000名に無料配布」というもの。10月6日(金)から10月22日(日)23:59の間に、bitFlyerのサイトから申し込みができます。

ゲッ、、もうすぐ終わりでした。

申込みにはbitFlyerのアカウントが必要です。「アカウント開設」用バナーをクリックしてお申込みください。
 
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
 
リリースには「当社のお客様は80万人を超え」とありますので、全員応募したら0.12%の確率です。抽選にもれたらどうなるのだろう、と心配になりますね。

「無料配布」とあるので、会費がかかる本サービスへのテストケースという意味合いもあるのかもしれません。年明けくらいには、希望者全員が利用できると良いのですが。

カードが届いたら、「バンドルアプリ」でカードを登録し、bitFlyerのアカウントにログインしてチャージという流れになります。

もしカードが入手できましたら、チャージや実店舗での利用などを試して見たいと思います。ご期待ください。

bitFlyer

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

ランキング

  1. 1

    EPIgas(イーピーアイガス)キャンプ用ストーブとランタンを25年ぶりにオーバーホールに出してみた

  2. 2

    Brooks Brothers アドバンテージチノ CLARK Fit ストレッチ感が気持ちいい

  3. 3

    Shell EasyPay(シェル イージーペイ)を作ってきました!

  4. 4

    chromecast(クロームキャスト) セットアップ(スマホ編) 接続できない、パスワードが分からない、設定できないも、すべて解決!

  5. 5

    はじめに Windows セットアップを実行

  6. 6

    Brooks Brothers Card 5%のポイントがけっこう貯まる パール加工の券面もキレイ

  7. 7

    Nikon Micro-Nikkor 55mm f/2.8 マクロレンズで被写体に寄ってみよう

  8. 8

    「wena wrist pro」と「wena wrist active」の違い 選び方のポイントはGPSや心拍センサーだけでなく重さも防水性能も

  9. 9

    2017年 e内容証明(電子内容証明サービス)大幅リニューアル後に使ってみた

  10. 10

    Esso(エッソ)、Mobil(モービル)、ゼネラルがENEOS(エネオス)に統一、EasyPayの一人勝ち?Speedpassの行方は

TOP