ナレ・ブロ

新しいこと、新しいモノ、新しいサービスを見てみよう

スポンサー広告

ORICO 2.5インチ HDD ケース 本体です

Mac miniで使える ORICO 2.5インチ HDD ケース USB3.0 UASPにも対応して早っ!!

Mac miniで使えるHDDケースを探した結果、ORICO 2.5インチ HDD ケースを購入。USB3.0/UASPにも対応しています。

Mac miniのストレージに、250GBのフラッシュストレージを選んだので、案の定あっという間にデータがパンパンになりました。

手元にSSDが余っていたので、緊急避難的に外付けして使うことにしました。とは言え、このSSDも250GBなのでホンの気休めなんですが。

とりあえず、信頼性は担保したいと思い「玄人志向」あたりを探したのですが、あまりピンときません。いろいろと探すうちに見つけたのが、ORICOの2.5インチ HDD ケース(2189U3)です。

1. 外箱です。シンプルなデザインです。

ORICO 2.5インチ HDD ケース 外箱です

2. フタを開けてみます。本体が現れました。同梱物は下に入っています。

ORICO 2.5インチ HDD ケース 梱包です

3. 同梱物です。USBケーブル、調節用のスポンジが入っています。

ORICO 2.5インチ HDD ケース 同梱物です

4. 本体の表面は、スクラブ処理と書いてありました。

ORICO 2.5インチ HDD ケース 本体です

5. 内部です。ケースを開けて、差し込むだけです。

ORICO 3.5インチ HDD ケース 内部です

6. 外側には、USBポートだけ。電源、スイッチ等はありません。

ORICO 2.5インチ HDD ケース USB端子です

基本的には、ケーブルでMacに接続するだけ。本体のデータを移してやってなんとか生きながらえました。本体内部にSSDを入れてしまうキットなどもあるようですが、とりあえずこれで良しとしましょう。

ところで、USB3.0でも十分早いのですが、UASPとは何でしょう。かつて SCSIというインターフェイスがありましたが、そのプロトコルをUSBで使えるのがUASPです。機器が対応して入れば、USBより高速なアクセスが可能になるようです。

では、UASPのモードで動作しているかどうか、どうしたら分かるのでしょうか。ちゃんと方法があるようです。

1. ターミナルを起動する。

2. ioreg |egrep ‘IOUSBMassStorageUASDriver’のコマンドを入力する。

3. UASPのドライバが読み込まれていると、「IOUSBMassStorageUASDriver, ・・・」と返ってくる。

センチュリーのサポートブログ サポブロより

2017/8/30現在、ORICOのサイトを見ると新しいモデルなのか、製品番号が異なる製品が掲載されています。Amazonでは、私が買ったものと同じ製品が販売されているようです。

http://orico-japan.com

保存保存

スポンサー広告