ナレ・ブロ

新しいこと、新しいモノ、新しいサービスを見てみよう

スポンサー広告

りそなデビットカード(Visaデビット)券面です

りそなVisaデビットカードからりそなデビットカード(Visaデビット)に切り替え

りそなVisaデビットカードからりそなデビットカード(Visaデビット)に切り替えました。

これまで使っていたのが「りそなVisaデビットカード」です。

りそなVisaデビットカードです

そして今回切り替えたのが「りそなデビットカード(Visaデビット)」です。

りそなデビットカード(Visaデビット)です

正直なところ、何が違うのかよく分かりません。Visaが主体か、りそなカードが主体かといった違いなのでしょうか。

分かっているのは、りそなデビットカードは年会費が無料ということ。そして、よくできたアプリと連携して使えるという点です。しばらく利用していますが、このアプリがとてもよくできています。

地銀も含めて各行がアプリをリリースしていますが、りそなのスマート口座アプリが一番しっくりきます。りそな銀行の口座は最近使わなかったのですが、りそなデビットカードとアプリの使用感がとても良い感じなのでメイン口座に戻そうかと考えているほど。

ちなみに、上記の切り替えはオンラインでは手続きできません。りそな銀行の窓口に赴いて手続きをすることが必要です。りそな銀行でもこのデビットカードを押しているようで、今まで体験したことのないくらい丁寧に、手取り足取り手続きを教えていただきました。

混み具合にもよりますが、私は30分程度で手続きを終え、カードも即時発行していただいて持ち帰ることができました。

今回は、iPhoneでApp Storeからスマート口座アプリをダウンロードして設定する方法をご紹介します。

スマート口座アプリの入手と設定

1. App Storeで「りそなグループスマート口座アプリ」を「入手」します。

スマート口座アプリ App Storeから入手します

2. アプリを「開く」から開きます。起動中です。

スマート口座アプリ 起動中です

3. 「アプリをはじめる」をタップします。

スマート口座アプリ アプリをはじめるです

4. 「登録を開始する」をタップします。

スマート口座アプリ はじめましてです

5. カメラが起動します。りそなデビットカードの券面を撮影します。

スマート口座アプリ 口座を登録です

6. うまく読み取れると口座情報が入力されます。カードは券面が光るので正確に入力されるまで何度もチャレンジしました。手動入力の方が早いケースもあるかもしれません。読み取りが完了したら必要に応じて修正します。

スマート口座アプリ 口座情報を入力です

7. 口座情報入力の続きです。必要事項を入力します。

スマート口座アプリ 口座情報を入力続きです

8. アプリの利用規定に「同意」します。

スマート口座アプリ 規約に同意です

9. りそなフリーケア・プログラムです。「申込まない」を選んでも、アプリの登録とは関係がありません。

スマート口座アプリ りそなフリーケア・プログラムです

10. セキュリティー設定です。「次へ」をタップします。

スマート口座アプリ セキュリティー設定です

11. パスコードを設定します。

スマート口座アプリ パスコード入力です

12. 生体認証を設定します。使用する場合には「使用する」をタップします。

スマート口座アプリ 生体認証です

13. カードの利用設定をします。カード紛失などの緊急時に設定が変更できます。

スマート口座アプリ カードの利用設定です

14. プッシュ通知の利用設定です。「確認」をタップします。

スマート口座アプリ プッシュ通知の利用設定です

15. 通知の送信の設定です。許可する場合には「許可」をタップします。

スマート口座アプリ プッシュ通知の利用設定許可です

以上で設定が完了します。

使い方

1. 普通口座です。残高、入出金履歴などが確認できます。りそなデビット(VISAデビット)の使用もここで確認できます。

スマート口座アプリ 普通預金です

2. かんたん取引です。振込、ペイジー、定期預金、USドル預金などが扱えます。

スマート口座アプリ かんたん取引です

3. マイページです。資産状況が確認できます。

スマート口座アプリ マイページです

最後までご覧いただいてありがとうございます。

銀行のデビットカードの発行も一巡した感じでしたが、最近はアプリも絡めて新しいサービスを提供する動きが目立ってきました。

引き続き、ウォッチしていきたいと思います。

スポンサー広告