ナレ・ブロ

新しいこと、新しいモノ、新しいサービスを見てみよう

スポンサー広告

wena wrist コラボレーションモデル「SEIKO | wena」アイキャッチです

「SEIKO | wena」wena wristとSEIKOのコラボモデルはサバイバルウォッチ? この目盛りは、、

「SEIKO | wena」wena wristとSEIKOのコラボモデル この目盛りは、、明日発表です。

昨日に続いてwena wristの話題です。いよいよ明日リリースです。期待も膨らんできました。

前回の記事がこちら。

wena wristがSEIKOとコラボ 「SEIKO | wena」を9月18日に発表

記事を書いて公開した後に、「ある」特徴に気づいて急いで追記しました。それがティザームービーに一瞬とらえられていたメニューの表示です。

詳しくは上記の記事を見ていただきたいのですが、その特徴から「プロスペックス アルピニスト」の派生モデルではないかと予想しました。
SEIKO プロスペックス アルピニスト

本日もfacebookとTwitterでカウントダウンとともに画像が公開されました。それがこちらの画像。

wena wrist コラボレーションモデル「SEIKO | wena」残り1日イメージです

「20」の目盛りが表示されていますが、何となく違和感を感じてもう一度ティザームービーを見てみました。

同じ場面のキャプチャーが以下の画像です。

wena wrist コラボレーションモデル「SEIKO | wena」ティザームービーイメージ20です

このまま青い色が見える上側へライトが進んでいきます。

wena wrist コラボレーションモデル「SEIKO | wena」ティザームービーイメージ10です

ご覧の通り「10」になりました。本来ならばこの位置は「30」のはずです。最初は何かに反射して反転した映像なのかと思いました。

別のムービーでは、2個のヘッドが並んだような映像もあり、それならば反転もあり得ますが、こちらは単独で1個のヘッドだけ。反射した絵とは思えません。

調べてみるとヒントが見つかりました。

実は、SEIKO プロスペックスにフィールドマスターというモデルがあるのですが、この中に反転した目盛りのある時計が存在しています。
SEIKO プロスペックス フィールドマスター

サバイバルウォッチと書いてあります。おそらく外側のリングが回転式になっていて何らかの計測をすることができるのでしょう。

果たして「SEIKO | wena」は登山時計のアルピニスト寄りなのか、サバイバルウォッチのフィールドマスター寄りなのか。

いずれにしても、ベルトはwena wrist proよりもwena wrist activeがマッチしそうです。activeを選んでおいて良かった。。

明日全てが明らかになります。お楽しみに、、

「Mechanical head Premium Black」はこちら

「Mechanical head Silver」はこちら

「Digital Solar head Blue Black」はこちら

「Digital Solar head blue」はこちら

スポンサー広告