macOS Venturaをクリーンインストールでアップグレード 前編

Mac

macOS Venturaがリリースされましたので、早速アップグレードしました。クリーンインストール(macOSのみの新規インストール)も試みましたが、試行錯誤することに、、

ネットニュースでVenturaのリリースが始まったことを知ったので楽しみにしていました。間も無くしてシステム設定アイコンに赤いアップグレードのマークが付きました。

早速アップグレードしてみましょう。このままアップグレードしても現在の状態はキープされます。ただし、何が起こるか分かりませんので、しっかりバックアップを取っておきましょう。

私は毎回、デスクトップ、ドキュメント、ダウンロード、ピクチャー、ムービーのそれぞれのフォルダを、外部ディスクにコピーしています。アップグレードの後に、必要なものだけを戻しています。

最終的にはクリーンインストールをしたいのですが、とりあえずこのままアップグレードしてみます。

Venturaにアップグレード

1.「システム環境設定」を開き「ソフトウェアアップデート」を開きます。

MacOS Ventura バージョンアップ 1

2.「macOS Ventura 13.0」と表示されています。「今すぐアップグレード」をクリックします。

MacOS Ventura バージョンアップ 2

3.「ソフトウェア使用許諾契約」が表示されます。「同意する」をクリックします。

MacOS Ventura バージョンアップ 3

4.「システム環境設定」のダイアログでパスワードを求められます。ユーザーのパスワードを入力して「OK」します。

MacOS Ventura バージョンアップ 4

5.「ソフトウェア・アップデート」が開始されます。まずダウンロードが始まります。

MacOS Ventura バージョンアップ 5

6.ダウンロードが終わると「準備中」となります。最初は2時間以上の時間が表示されていましたが、どんどん短くなり、結局15分から20分くらいで次へ進みます。

MacOS Ventura バージョンアップ 7

7.「コンピュータを再起動します」と表示されます。自動で60秒経つと再起動されます。再起動に失敗するとアップグレードのプロセスが終了してしまうので、上の2.の手順からやり直します。

MacOS Ventura バージョンアップ 8

8.再起動して黒い画面にAppleのマークの状態が15分程度続きます。何度か再起動が行われます。

MacOS Ventura バージョンアップ 15

9.起動後ログインするとデスクトップが表示されます。

MacOS Ventura バージョンアップ 14

ということで、macOS Venturaにアップグレードが完了しました。

ここからクリーンインストールを始めたのですが、想定外の状況になり苦戦します。続きは次の記事でお伝えします。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

ランキング

  1. 1

    JRE BANK 口座開設 パソコンで初期登録しよう JRE POINTリンク登録も

  2. 2

    Contact Form 7のメール設定にエラー表示が出た 

  3. 3

    Edgeの隠しゲーム サーフィンゲームがスキーゲームに Microsoft Edge 期間限定

  4. 4

    Contact Form 7のメール設定にエラー表示が出た Akismet Anti-Spamの設定

  5. 5

    みずほJCBデビット 審査後2〜3週間程度で届くそうですが、、

  6. 6

    Contact Form 7のメール設定にエラー表示が出た reCAPTCHA(v3)の設定

  7. 7

    Windows 11 盗撮、盗聴されないために そのまま使ってはいけない!

  8. 8

    三井住友ビジネスカード for Owners VISAとMastercardで使い勝手も良し セルフアフィリも

  9. 9

    みずほJCBデビットが届きました 申し込みから約2週間です

  10. 10

    QUICPay(クイックペイ)コイン コンビニでモバイル、カードよりコレ vs nanacoのキャンペーン

TOP